沖縄県(ゴーヤ県)に関係する地名の由来

沖縄県の県名の由来は定説がなくいくつかの説があり、沖縄学の創始者である伊波普猷は、「沖あいの漁場」を意味する「おき(沖)な(魚)は(場)」が由来だとしていますが、歴史学者の東恩納寛惇は、「沖にある場所」「遠い場所」を意味する「おき(沖・遠い)なは(場所)」を由来とする説を唱えています。

 

今現在のところどちらの説も定説には至っていませんが、最近では、首里の港だった泊の安里川の河口にあった「オキナワノ嶽」からという説が有力となっています。

 

沖縄県の島言葉由来の地名

日本の南端にある沖縄列島は、熱帯、亜熱帯に属する温暖な地域です。明治期までは、日清両国の支配を受けた琉球王国として本州と異なる文化を持っていました。多彩な国の影響を受けて独自文化が発展していった結果です。

 

「沖縄」という県名からして、「大きななば」、「沖あいのなば」という島言葉に由来しています。「なば」とは漁業の古代語のことで、「那覇」の地名も「なば」から転じたもです。

 

地名を分析するにあたって、島言葉の東西南北を知っておきましょう。東が「あがり」、西が「いり」、南が「ふぇー」、北が「にし」。例えば、那覇市東北部にある西原町にしはらちょうは、昔はニシバルと読みます。「西の原」と記しながらも、「首里からみた北の村落」という意味です。

 

この島言葉で「北」を意味する「ニシ」という言葉は、いつからよりにもよって「西」という漢字を当てられるようになったのでしょう。紛らわしいことこの上ありません。

 

また、那覇市の南には南風原はえばるという町名もあります。かつては「フェーバル」、「ヘーバル」と呼ばれ、首里の南に位置していました。つまり、先の西原町に対して、「南の原」です。「南風原」は、「北の村落」である「西原町」と、南北で対になっているのです。北が西で、南は南。ご注意下さい。

 

島言葉「城(グスク)」の地名

沖縄には周辺諸島も含めて「グスク」と呼ばれる城跡が多く見られます。この言葉には「城」という漢字が当てられており、1文字で「グスク」と読ませています。山の上に石垣を積み上げたもので、12世紀頃に作られたものといわれています。

 

「按あ司じ」と呼ばれた支配者が、自分の支配地を守るために作ったものとされていますが、グスク自体は必ずしも軍事上の目的だけで建設されたものではないようです。その起源は集落、あるいは聖地であるなど諸説があります。

 

規模としては本州の城に比べるとずっと小さく、このような「グスク」が沖縄には300ほどあります。有名なものとしては県内で最大規模の首里城(スイグスク)、勝連城(カツレングスク)、座喜味城(ザキミグスク)、今帰仁城(ナキジングスク)などがあります。複雑なものでは、中城城なんて、島言葉と標準語が混ざり合ったものまでもあります。

 

これらは、「琉球王国のグスク及び関連遺産群」として、2000年にユネスコの世界遺産に登録されています。「グスク」の周辺には「中城(ナカグスク)」、「豊見城(トミグスク)」といった、「城」の字がついた地名ができることが多かったのです。

 

沖縄中部には、中城城にちなんだ「中城村なかぐすくそん」があります。終戦後は米軍施設ができたために南北に分かれてしまったことから、行政上「北中城村」が分離して誕生しました。現在はわずかながら「中城村」の人口が上回っています。