沖縄県(ゴーヤ県)にいると言われる妖怪一覧

  • アカガンター

家にいる怪。赤い髪で赤ん坊のようなもの。古い家の広間に出て、枕返しをし、押さえつける。

 

  • アカマター

動物の怪。斑蛇。中頭郡西原村我謝、名護町、那覇泉崎、羽地村田井等、多くの所で聞く。美青年に化けて女を誘惑し、命を取ったり多数の子を一度に生ませたりした。アカマターは尾で文字を書くが、この字は人を惑わすという。羽地村仲尾次では蛇婿に類似した話を伝える。

 

  • アカングワーマジムン

赤ん坊の死霊。四つん這になって人の股間をくぐろうとする。これに股間を潜られた人はマブイ(魂)を取られて死んでしまう。

 

  • アフイラーマジムン

動物の怪。家鴨の変化。ある農夫が野中、道でしきりに股をくぐろうとする怪しい家鴨にあった。くぐられては大変だと石をぶつけるとたくさんのジンジン(蛍)になって農夫の周りを飛び回ったが、鶏の声とともに消え去った。

 

  • イネンビ

火の怪。遺念火。沖縄では亡霊を遺念といい、遺念火の話は多い。たいていは定まった土地に結びつき、そう遠くへは飛んでいかない。また男女二つの霊の火が往々連れ立って出る。現在、亡霊火と呼ばれているのは、もっぱら海上怪火のことで、これは群れをなし、また、よく移動するという。

 

  • ウシマジムン

動物の怪。牛の変化。真っ黒い牛のように大きいマジムンで、牛が化けたモノではなく、牛に化けたモノである。空手の名人が夜遅く、突進してきた赤牛と大格闘し両角をへし折って組み伏せた。自分も疲れ果ててその場に倒れたが、翌朝、起きてみると龕(棺を入れる箱)の両側につけた鳥形の飾物を握っていた。

 

  • ウヮーグヮーマジムン

動物の怪。豚の変化。豚の形をして現れ、しきりに人の股をくぐろうとする。くぐられるとマブイ(魂)を取られて死ぬ。毛モー遊びの際、見知らぬ人が飛び入りしたとき、本当の人間か豚の化け物かを識別するため、ウヮー・ンタ(豚武太)グーグー・ンタ(グーグー武太)と囃す。豚の化け物ならば逃げ出す。沖縄では売春婦を三小という。これは数十年を経た豚が美女に化け、皮の草履をはいて三貫(六銭)で多くの若者と一夜を共にしたからという。草履を無理矢理ぬがせると豚の爪だったので正体がわかったという。豚はまた男に化けて女を誘惑することもある。皮裏草履をはいて少女を盛んに口説いたが「糞臭いがなんだろう」といわれ、正体を見破られたと思い、豚に戻って姿を消した。宜野湾我如古道に青年の姿で出た。通りかかった男と格闘になり、豚の正体を現した。男はユタの元に逃げたが、翌朝、怪に待ち伏せされて殺された。豚小屋に唾を吐くと貧乏神になるという。豚小屋で驚くと必ず霊が抜ける、豚小屋におっこちると一寸法師(チマラー)になるとか石女(ウマンズラー)・石男になるともいう。

 

  • カイギョ

動物の怪。怪魚。美里間切古謝村。塩焚きが、海に浮かんだ一尾の魚を捕らえて帰ると、笊の中から「一波寄せるか、二波寄せるか、三波寄せるか」と微かすかな声がした。塩焚きは不気味になり、魚を浜に戻そうと浜に向かうと一人の無頼漢に会った。無頼漢は事情を聞くと笑い、魚をもらって料理した。食べようとしたその時、大津波が来た。

 

  • カムロ

道の怪。那覇と与那原の間にある一日橋。よく踊りの音がする。近づいて引きこまれることがある。これは「マ」の仕業という。家にいる怪。カムロー。カー(井戸)に住んでいて、子供などが覗くと引き入れる。また古井戸を覗くと水面の影をカムローに取られ、その人は病弱になる。

 

  • カワカムロウ

水の怪。以前はよく池などで人を引き入れた。

 

  • ガンノマジムン

器物の怪。龕の精。マジムンの一種。今帰仁村運天のブンブン坂ビヤーで、牛になったり馬になったりして人を襲った化け物は、龕(棺を入れる箱)の精だった。人の足音やギーギーいう荷物を運ぶ音ばかりが聞こえて通ることがあるが、これは人がいま死のうとするとき、その家を往復している龕の精だという。龕の精は夜に鶏を売りに来る。子供が病気だから買ってくれと言う者がいたので買ってやり、翌朝、見たら龕の角々に飾る木彫りの鳥だった。

 

  • キジムン

木に宿る怪。水の怪。古木を住処すみかとしている。ガジュマル、アコウなどの木が歳経るとキジムンになるという。海の魚を捕るのが上手だが、左または左右の目のみ抜き取って食うだけだから、これと親しくなると魚運に恵まれる。屁がなによりも嫌いという。セーマ、セーマグ、ブナガイ、ブナガー、ミチバタ、ハンダンミー、アカガンターなどともいう。各地とも形はほぼ一定で、髪が長く身体は全部毛で被われている。ところによっては赤ん坊の大きさで、毛髪は赤いともいい、また大変大きな真っ黒いモノで睾丸が大きいともいう。蛸が嫌いで、古木から生じるから古木の股に釘を打ち込めばよいという。水面を駆けることが巧みで、人を連れたままでも水面に立てるという。よく火を出す。旧暦の八月十日は妖怪日といい、この日にキジムナー火を見ようという人が多い。キジムンの火は色が違う。時々海上を渡ってくる。とても速い。側に来ても声をかけない。かけると霊魂(マブイ)を取られる。山で出会い、谷川の石を動かしているのを見ると、怒ってマブイを取る。国頭村の山小屋に来た。追い払うと悪さをするので、生竹をそっとくべて、爆はぜる音を聞かせると驚いて逃げた。キジムンのいる家は富み、よそへ越すと衰える。枕返しに遭った、寝ていて押さえつけられたという話は多い。大宜味村ではブナガヤアという。ぶながるは髪をふり乱す意味で、腋あたりまで垂らした様をいう。人語を聞きわけられる。怪力で、これを利用して成り上がった者がいる。のち、離れようと蛸(ぢやさめ=手八つ)を柱に掛けておいたら、二度とこなかった。木のうろにいる。うっかりその木を伐ると、酷い目に遭わされる。つきまとって、いつまでも悪さをする。髪は総あげ角まきで、山で人間の焚いた火に当たりに来る。追い払うには青竹を燃やして爆音を出すに限る。本土の火取魔のように提灯の火を取って逃げる。これを防ぐには出かける前に提灯を跨いでおけばよい。夜にうなされるのはキジムナーが戸の隙穴から入って押さえるためである。これを防ぐにはススキのサン(輪結び)を胸に載せておくとよい。羽地村源地の老婆が、川端の老木の上で、枝を枕に睾丸の大きな子供が寝ているのを見た。老婆が竹竿で睾丸をつつくと子供は飛び上がってどこかへ消えた。老婆はその夜、床につくやいなや先の子供に襲われて身動きできず、終夜苦しめられた。大宜味村喜き如嘉の某家に毎年旧暦の八月八日に来て、豚小屋の豚を綱で縊くびり、火で所構わず焼いたという。屋敷にあるヒンギの老大木にキジムナーが住み、その家の翁と親しくなって、魚取りに誘って翁を裕福にしていたが、毎晩なので翁のほうがつらくなって木に火をつけると、キジムナーは他家に移り、その家は潰れた。同じようにキジムナーと関係を絶とうとして嫌いなものを聞き出し、門口に蛸を吊るし、蓑を着て鶏の真似をして追い出したが、三日後に死んだ翁の話なども伝えている。

 

  • キーヌシー

木の精。大木に宿る。キジムナー(キジムン)と違い、木から飛び出すことはない。屋敷の大木を伐るときにはキーヌシーがいるから祈願をする。夜中に木の倒れる音だけがすることがある。これはキーヌシーがもがき苦しんでいるので、そんなときは二、三日後、あるいはしばらくしてその木が枯れることがある。

 

  • ギルマナア

家に来る怪。体が赤く身長一尺くらい。木の腐ったうろの下におり、夜になると人を押さえに来る。鶏が鳴くと帰る。海に出て魚や蛸を取ってくる。

 

  • ザン

動物の怪。人魚。夜遅く波をわたって海の上から美しい女の声が聞こえてきた。翌日、この声の主を確かめようと三人の若者が船を出した。網にかかったのは半人半魚の生き物。この人魚は「空気中では生きていけない」と、泣いて命乞いをした。若者たちが海に帰してやると、お礼に、ほどなく大津波がくることを教えた。

 

  • シイノキノセイ

木の変化。椎の木の精。椎しいの木は必ずスジヤ(人間)を守ってくれるという。大宜味村喜如嘉で椎の実を拾いに山へ入り、道に迷った少女が夜中に、緑の衣装を着て踊る大勢のものに会った。このとき大きな猪に襲われたが、白い髭をはやした翁に抱き上げられて救われた。翌朝、目が覚めると椎の木の大木の下におり、実が枝もたわわに実っていた。

 

  • シチ

山の怪。真っ黒で山路を歩くと立ち塞ふさがって人の邪魔をする。山原地方ではクルク山のシチマジムンが有名。形の見えない、ぼんやりした雲か風のようなもの。板戸の節穴からでも出入りし、人に危害は加えないが、一週間でも二週間でも連れ出して迷わす。時には墓穴の中に閉じ込めることもする。これに出会ったと思ったら、男は褌、女はハカマ(パンツの大きいもの)を外してうち振るか頭に被るとよい。時には草木にしがみついているだけでもよく、鶏が鳴くと離れる。

 

  • ジュリグワーマジムン

ズリ(遊女)の化け物。沖縄各地で最も有名な化け物の一つ。中頭郡浦添村屋富祖で深夜、アガリヌカー(東方にある共同井戸)の方で香ばしい匂いがするので、村の強い若者たちが忍びよって覗くと、一人のズリがカー(井戸)で髪を洗っていた。

 

  • タチッチュ

山の怪。山原地方。夕方、山から杖をついて下りてきて、子供をさらっていく。非常に力が強くて、村の若者でもこれと相撲をとって勝てる者はいない。

 

  • タマガイ

火の怪。今帰仁でいう。子供が生まれるときはタマガイといって、火の玉が上がるという。

 

  • チーノウヤ

童墓(ワラビバカ)にいる霊怪。極めて優しい顔の女で、黒髪を長く洗髪したように垂らし、乳が特別に大きいものという。水面や童墓にいて、生きた子をあの世≠ノ引き込むと恐れられている。死児のためには、この霊怪に亡き子の冥福を祈る。

 

  • ツボノマジムン

器物の怪。壺の変化。山羊に化けて、通る人を悩ませ、数えきれないほど人の命を取った。正体は洞穴の中にあった壺で、これを黒縄(マーニ)で縛ったら化け物は出なくなった。

 

  • トウィマジムン

動物の怪。鳥の変化。鶏のマジムン。家畜のマジムンの現れ方は人の前をさっと横切るのだという。

 

  • トジマチャービー

火の怪。刀と自じ(妻)待火。各地にあるが、首里西部の織名平が有名。最初に一つ、提灯大の火玉が現れ、他方からもう一つの火玉が来て二つ合わさってユラユラと立ち上がって消え、また現れる。ある男が豆腐売りの美しい人妻に横恋慕し、夫が死んだと告げた。悲しんで妻は自害、のち夫も後を追った。二つの火玉はこの二人のマブイ(魂)という。

 

  • ナカニシ

人の姓。仲西。晩方、那覇と泊の間にある塩田温泉の潮渡橋付近で「仲西ヘーイ」と呼ぶと出てくる。

 

  • ナビケーマジムン

器物の怪。鍋笥(杓子)の変化。為すところはミシゲーマジムンに似る。沖縄では古い食器類は化けて出ると信じられている。

 

  • ネコノカイ

動物の怪。猫の怪。猫はマジムンにはならないが、十三年経つと化けて人を害するという。子供が夜泣きしたとき「猫だ」といって脅すと、化け猫が来て噛み殺すという。猫が青泣き、高泣きすると、今でも長い呪文を唱える。

 

  • ハーメーマジムン

老婆の怪をいう。

 

  • ヒチマジムン

海の怪。国頭地方でいう。単にヒチともいい、夜道に筵を持っていくとヒチに連れられる、夜、櫛を挿していくとヒチに迷わされるなどといった。

 

  • ヒツギノマジムン

器物の怪。棺の変化。今帰仁村で美しい女に化けて青年を誘惑した。友人が傍目から見ると、舌が長く目玉が飛び出した天蓋のような化け物だった。友人は青年を説得し、その女を短刀で刺させたところ、女の腕から蛍火のような青光りのする血がはねた。翌日見ると、古い棺の片板の中央に、短刀が刺さっていた。羽地村源河と大宜味村の境で夜中、美しい女が男を抱きとめて知らない所へ引き込もうとした。男は必死に抗あらがい、夜が明けると女は一片の棺板となった。男が燃やすと陰湿な悪臭を伴った油が滲にじみ出て、物凄かったという。

 

  • フイーダマ

火の怪。火玉。鬼火、人魂の類。上ることをタマガエンといい、名詞形にしてタマガイともいう。人の死ぬ時はそのマブイ(霊魂)がフイーダマになって墓場に行くと信じられ、これが上がった近所では近々に人死にがあるという。人間の霊魂が火の形をしているという考えの他に、小鳥または蝶の形をしているとも考えられている。火魂。火事を起こすという。形は鳥に似て赤く、または火玉が長い尾を引いて飛び回っている。時には台所の竈の後方の、蓋をしていない瓶に住まっており、火魂が飛んで行って止まった所からきっと火災が起きるという。

 

  • ブナガ

木に宿る怪。本島で木に宿る怪をいう。国頭地方でいうキジムンと似たモノ。ボージマヤともいう。大宜味間切高里村の某家の主人と親しくなった。のちに主人が交際を絶とうと烏賊をぶつけたら驚いて逃げ、二度と現れなかった。大宜味村ではキジムンそのもののこと。ブナガルは髪を振り乱すの意味である。

 

  • マー

形は漠然としているが、牛の鳴き声をするという怪。

 

  • マジムン

魔の物。ユーリーと混同されるが、ユーリーはふつう幽霊を意味し、人間の亡霊に限っていう。マジムンは豚、家鴨、犬、牛、器物などに変化して出る。家にはほとんど出ず、道の辻などに出る。定まった場所に出るものもあるが、徘徊するものもある。ユーリーは背が高く顔だけが真っ赤で、木にぶらさがっていて、足のないのを見た人がいる。また、歩くのに足音も足跡もないという人もいる。

 

  • マズムヌ

宮古島でいう化け物。人の死霊もあれば動物の怪もある。幽霊との区別はつけにくいが、幽霊は初めから人のほうを向いているが、マズムヌはこれが最後というときにだけ顔を人に向ける。相手を食い殺すとか呪うとか、生きていたときの怨みつらみを晴らそうとする。この霊が来たときは山羊の臭いが強く漂うので、カンカカリア(巫女)にはすぐわかるという。

 

  • ミシゲーマジムン

器物の怪。飯笥(しゃもじ)の変化。古い食器が化けたもの。夜中に戸を叩くものがいるので開けてみると一本のしゃもじが倒れていた。夜中に塵捨て場で蛇皮線や鼓の音が聞こえるのは、投げ捨てられた器物が毛モー遊びをしているのだという。夜中に牛がうずくまっているのを見つけ、牛屋に入れて砂糖黍きびをやった。翌朝、見るとうずたかく積み上げた黍の上に、一本のミシゲーが乗っていた。夜中に毛遊びに加わり、翌朝、目覚めると床下のミシゲーやナビゲー(杓子)、箸などが散乱している中に眠っていた。こんなわけだから、古い杓文字や杓子は捨てるものではない。

 

  • ミミチリボージ

耳切坊主。大村御殿に誅ゆうされた琉球伝説中の怪僧、黒金座主の化けたものと伝える。

 

  • ムヌ

形は漠然としている。妖怪をヤナムヌ(嫌なもの)ともいう。人が突然、行方不明になるのはムヌニ・ムタリユン(ムヌに持たれる)といい、迷子になるとムヌ・マイー(物迷い)という。

 

  • モノマヨイ

物迷い。夕方に子供をさらっていく怪。

 

  • ヤギノマジムン

動物の怪。山羊の変化。羽地村。深夜、真っ白い山羊に出会った男が稲嶺の浜まで追って捕まえ、縛っておいて帰った。家に戻って妻にその話をし終わると発熱し、死んでしまった。翌朝、妻が浜に行ってみると、奇怪な棺の片板であった。

 

  • ユナバルヤージー

与那原(地名)・屋宜(姓)。男性の怪物という。

 

  • ユナーメー

髪の毛のぼうぼう生えた妖怪。あるいは那覇上泉町地蔵前の石川家に保管される木面で、この面を被って「メーメー、ワーワー」と脅すと、夜泣きする子供がマブイを落とさないで夜泣き癖が治るという。

 

  • ワーウー

面相の恐ろしい怪。鬼面を刻んだ「ワーウー石敢当」や、魔除けに屋根に置く「シーサー・ワーウー」などの熟語がある。